03/23のツイートまとめ

.24 2020 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
drshujisato

金沢脳神経外科病院を2020年3月31日をもって去るにあたり、私から皆様へのメッセージ https://t.co/7KRcBjnzBi
03-23 18:37

金沢脳神経外科病院を2020年3月31日をもって去るにあたり、私から皆様へのメッセージ

.23 2020 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)

皆さんに、誠に残念で申し訳ない報告があります。本年(2020)331日をもって、私は当院を退職せざるを得なくなったため、4月から当院での脊椎手術は殆どが実施不可能となります。私以外に、当院で脊椎手術を行ってきた金沢医科大学脳神経外科の医師も引き上げるからです。

 

2月末に急遽、このような事態に陥ったため、4月以降に予約されていた脊椎専門外来と手術の全てをキャンセルせざるを得なくなりました。今まで当院で背椎手術を受けられた患者さんは、腰椎だけでも4,000人以上になりますが、4月からは患者さんのアフターケアや手術を行うことができません。脊椎変性疾患は再発が多いことから、皆様のこれからの求めに応じられないことは外科医として断腸の思いです。

 

当院は、他院で診断のつかない患者さん、手術を受けても良くならなかった患者さん、再発に悩む患者さん、高齢のため手術適応外とされた80代・90代の患者さん、持病のため通常の手術ではリスクが高いと判断された患者さん、さらにMD法による手術を希望する患者さんなどが、全国から多数受診されていました。患者さんから、当院は腰椎疾患の「駆け込み寺」と呼ばれていたのは、このような患者さんが多かったためです。

 

私は5年前に悪性リンパ腫に罹患し、約4ヵ月間、抗がん剤治療を受けました。正直、辛い体験でした。しかし、この体験があればこそ、患者の不安・苦しみ・痛みが自分のこととして理解できるようになりました。私が治療終了後3ヵ月で手術に復帰できたのは、皆さんの存在があったればこそで、皆さんが私の外科医としての使命感を鼓舞してくれたからです。そして、現在、私は70歳を少し過ぎ、癌を克服し、皆さんへの責任をなお一層強く感じるようになっていた矢先の不本意な退職となります。

 

 突然に人生の転機を迎えたこと、さらに今月末まで手術が詰まっていることから、退職後の準備は全くできていません。そのため4月以降はしばらく羽を休め、皆さんのために何ができるかをじっくり考えたいと思います。これから私の時間は有り余る程ですので(笑)、ブログなど皆さんのお役に立てるところから、少しずつ活動を開始して行きます。私の退職で、これまで皆さんとの間で築かれたご縁までもが断ち切られることはありませんので、引き続き宜しくお願いいたします。

03/21のツイートまとめ

.22 2020 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
drshujisato

RT @tomokoyaguchi: 政治の世界だけでなく、会議の場では、誰もがこうであるとよいのではないかと思います。誠実に、真摯に向き合う姿勢。
03-21 01:59

続2 高齢者の腰椎椎間孔部狭窄症の手術成績 (1)連続歩行距離

.14 2019 脊椎疾患 comment(1) trackback(0)

 手術成績は、連続歩行距離と腰痛、下肢痛の三項目で評価しました。これらは患者さんの生活の質に直接関係する要因だからです。


1)連続歩行距離は、高齢者が対象のため次の4段階で評価しました。A:歩行は殆ど不能のため移動には車椅子などの補助が必要、B:杖などを用いても100m以下、C:300m位は補助なく連続して歩くことができる。D:生活上、歩行制限を感じない。この評価法で判定すると、術前はA:0%、B:81%C:15%D:4%。術後はA:0%B:11%C:22%D:67%。術後2年では、A:0%B:8%C:8%D:84%でした。連続歩行で制限を感じない患者さんは、術後67%でしたが、2年後には84%まで改善していました。改善が悪かったのは、術前から2カ所以上に骨粗鬆症による圧迫骨折があった患者さんや、既に神経障害が進んでいた患者さんでした。手術が原因で歩行障害が悪化した患者さんはいませんでした(下図を参照)。


CWDの結果

 連続歩行は、

 青は支障なし、赤は300m程度、黄緑は100m以下でした。

 紫の歩行不能は全経過を通じていませんでした。

 

次回は腰痛の成績を紹介します。

続1 高齢者の腰椎椎間孔部狭窄症の手術成績 椎間孔部狭窄症のタイプと手術法

.22 2019 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
腰椎椎間孔部狭窄症のタイプは、椎間孔狭窄症18例、腰椎椎間孔外狭窄症 6例、椎間孔狭窄症+椎間孔外狭窄症 8例でした。脊柱管内を通ってきた神経は左右1対ある椎間孔を通って腰椎の外に出ます。つまり、椎間孔とは神経が通る骨のトンネルということです。このトンネルの中で神経根が圧迫されるのが椎間孔狭窄であり、椎間孔をでてから圧迫されるのが椎間孔外狭窄です。さらに、椎間孔内と椎間孔外の両方で圧迫される型もあります。
椎間孔部狭窄症、特に椎間孔狭窄症の手術治療は、椎間孔の後壁にあたる椎間関節を削除して、神経根の圧迫をとり、ボルトを用いた固定術を行うのが一般的です。一方、私は、固定術は行わず、狭くなった椎間孔を拡大して神経根の圧迫をとる手術法を行っています。約2cmの皮膚切開で直径18mm のチューブ状の開創器と手術顕微鏡を用いて行う手術、すなわちMD法です。続く