続2 高齢者の腰椎椎間孔部狭窄症の手術成績 (1)連続歩行距離

.14 2019 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)

 手術成績は、連続歩行距離と腰痛、下肢痛の三項目で評価しました。これらは患者さんの生活の質に直接関係する要因だからです。


1)連続歩行距離は、高齢者が対象のため次の4段階で評価しました。A:歩行は殆ど不能のため移動には車椅子などの補助が必要、B:杖などを用いても100m以下、C:300m位は補助なく連続して歩くことができる。D:生活上、歩行制限を感じない。この評価法で判定すると、術前はA:0%、B:81%C:15%D:4%。術後はA:0%B:11%C:22%D:67%。術後2年では、A:0%B:8%C:8%D:84%でした。連続歩行で制限を感じない患者さんは、術後67%でしたが、2年後には84%まで改善していました。改善が悪かったのは、術前から2カ所以上に骨粗鬆症による圧迫骨折があった患者さんや、既に神経障害が進んでいた患者さんでした。手術が原因で歩行障害が悪化した患者さんはいませんでした(下図を参照)。


CWDの結果

 連続歩行は、

 青は支障なし、赤は300m程度、黄緑は100m以下でした。

 紫の歩行不能は全経過を通じていませんでした。

 

次回は腰痛の成績を紹介します。

続1 高齢者の腰椎椎間孔部狭窄症の手術成績 椎間孔部狭窄症のタイプと手術法

.22 2019 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
腰椎椎間孔部狭窄症のタイプは、椎間孔狭窄症18例、腰椎椎間孔外狭窄症 6例、椎間孔狭窄症+椎間孔外狭窄症 8例でした。脊柱管内を通ってきた神経は左右1対ある椎間孔を通って腰椎の外に出ます。つまり、椎間孔とは神経が通る骨のトンネルということです。このトンネルの中で神経根が圧迫されるのが椎間孔狭窄であり、椎間孔をでてから圧迫されるのが椎間孔外狭窄です。さらに、椎間孔内と椎間孔外の両方で圧迫される型もあります。
椎間孔部狭窄症、特に椎間孔狭窄症の手術治療は、椎間孔の後壁にあたる椎間関節を削除して、神経根の圧迫をとり、ボルトを用いた固定術を行うのが一般的です。一方、私は、固定術は行わず、狭くなった椎間孔を拡大して神経根の圧迫をとる手術法を行っています。約2cmの皮膚切開で直径18mm のチューブ状の開創器と手術顕微鏡を用いて行う手術、すなわちMD法です。続く

高齢者の腰椎椎間孔部狭窄症の手術成績について学会発表し、その概略をブログにアップしました。

.21 2019 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
2017年の1年間に私が手術を行った腰椎変性疾患の種類については、http://spine.drshujisato.com/blog-entry-428.htmlで紹介しました。これを基にして、この度、日本臨床脳神経外科学会(2019年7月20日ー21日、岡山)で高齢者の腰椎椎間孔部狭窄症の手術成績を発表しました。65歳以上の腰椎椎間孔部狭窄症で単椎間手術27例の手術成績を検討しました。年齢は65ー84歳(平均75歳)、女17例、男10例、腰椎手術癧(3回:1例、2回:6例、1回:9例)を持つ患者を約60%で認め、側彎症例(Cobb角10度以上、平均17度)を9例、椎間孔狭窄症の再発5例、腰椎固定隣接椎間3例、他院でのfailed  back 手術4例、陳旧性圧迫骨折を4例(1椎体:2例、2椎体:1例、3椎体:1例)で認めました。続く

07/16のツイートまとめ

.17 2019 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
drshujisato

ブログ活動を再開します! https://t.co/sdAJptZIvo
07-16 00:13

単なる加齢変化なのか病的変化なのか? そもそもここから始まる腰椎変性疾患の診断と治療。

.17 2019 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
MRIで椎間板ヘルニアがある。脊柱管狭窄がある。あるいは、レントゲン撮影ですべりがある、側彎がある。画像検査を行うと年齢が増すごとに、色々な所見が目に入ってくる。患者は足の痛みを訴えるが、どれが原因であろうか? 何を基準にして、数ある画像所見をふるい分け、真の原因に迫るのか。医師は画像を見、患者の所見をとり、患者の症状のもととなる真の原因に迫ろうと試みる。ここで医師の力と経験の差が歴然となる。つまり、治療すべき対象を見誤って見当違いの手術が行われると、それを契機に患者は迷路・泥沼に落ちることになる。正しい診断こそ、正しい治療の第一歩なのだ。