スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医師のことで悩んでいる全国の医師事務作業補助者の皆さんへ 私からのメッセージ

.04 2012 医師事務作業補助者 comment(35) trackback(0)
医師事務作業補助体制加算がついたことから、2008年以後、全国の医療機関へ医師事務作業補助者の導入が急速に進められることになりました。その最大の理由は加算取得にあったことは否めません。もちろん、地域によっては医師不足が深刻であり、医師の獲得が困難な病院が渡りに舟と加算をきっかけに医師事務作業補助者の導入に踏み切った病院も多い。いずれの場合にせよ、医師事務作業補助者を受け入れる体制が整わないままに導入された医師事務作業補助者の悲鳴が全国に溢れています。
医師事務作業補助者の悩みの中で最も多く深刻なのは、医師との関係がうまく築けないことです。
とりわけ、医師とコミュニケーションが取れない、取りにくいという悩みが突出しています。
医師はmy rule、my wayの人種として、職場内では諦めをもって受け止められているようです。傍目には私もその一人でしょうが、私の場合は「医師事務作業補助者の活用こそが新しい時代の医療の枠組みを作り、医療改革をなし得る道」と私なりの理由からそう信じ、NPO法人日本医師事務作業補助研究会の設立に関与し、同研究会の顧問と事務局長を引き受けています。私のこのような行動は、異なる立場の人達には、何を考えているのか不可解なmy wayな医者と写っているでしょう。

しかし、医師事務作業補助者の皆さん、諦める必要はありません。医者は組織的にまとまって行動することは苦手でも、エビデンスに弱い生き物です。医師事務作業補助者が医者の事務業務の負担の軽減に役立ち、医師が医師としての業務に専念できることがエビデンスとして示されたなら、必ず医師事務作業補助者の活用へと動くでしょう。治療ガイドラインに忠実な医者を動かす最も効果的な手段はエビデンスを作ることです。
NPO法人日本医師事務作業補助研究会は会員の皆さんと共にエビデンスを作っていきたいと考えています。

共に頑張りましょう!

私はこのブログで頸椎や腰椎の病気に悩む方々の相談を受けていますが、
これからは医師事務作業補助者の方々の特に医師に関する悩みにもお答えしていきますので、気軽にご相談下さい。

相談はこちらから →
【医師事務作業補助者相談室】




NPO法人日本医師事務作業補助研究会の発展は全国の医師事務作業補助者の社会的認知度を高め、医療職として確固たる定位置を獲得していくことに大いに役立つでしょう。
そのためにも、全国の医師事務作業補助者の本研究会への入会とご協力を事務局からお願い致します。詳細および入会手続きはhttp://ishijimu.umin.jp/ まで。

NPO法人日本医師事務作業補助研究会は、医師事務作業補助者に継続的な教育と研修の機会を提供し、生涯に渡ってキャリアアップを図ることを支援するために設立されました。この度、医学通信社から 「医師事務作業補助マネジメントBOOK」 が発刊されましたが、これからも学術、実務など多方面から医師事務作業補助者をサポートして参ります。






腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ



スポンサーサイト

医療における医師事務作業補助者の役割

.27 2012 医師事務作業補助者 comment(0) trackback(0)
2008年度の診療報酬改訂から、医療界に新しい職種として医師事務作業補助者が誕生しました。この職種は読んで字のごとく、医師の事務業務を補助するのが目的です。近年、医師が作成しなければならない診断書や証明証、意見書などの書類は多岐に渡って増加しており、その作成に費やす時間は医師の一日の仕事量の2~3割を占めるとまで言われています。

深刻な医師不足が続く中で、医師は患者の治療を優先しなければならず、患者が早く受け取りたい書類は後送りされることが少なくありません。その結果、患者からの苦情が増え、医師は診療時間外の夜間や休日を書類作成に当てなければならなくなっています。このような医師の過重労働からくる慢性的疲労は医療の安全をも脅かしかねない危険を孕んでいます。医師がもっとゆとりを持って、患者と向き合える医療環境の整備が喫緊の課題とされてきました。

医師の過重労働を軽減する数少ない対策の一つとして、現在、全国の病院で医師事務作業補助者の導入が進められています。医師事務作業補助者は、医師に代わって診断書類などの代行作成をおこなう外、外来で電子カルテの代行入力を行ったりもしています。医師事務作業補助者が医師に代わってカルテ入力することで、診察中の医師の目をコンピューターから患者へ向けることができ、さらに、カルテ入力が迅速化されることで、診療がスムースに運び、患者の待ち時間の短縮にもつながることが期待されています。

また、外来では医師の診察介助を行うことで、看護師の負担を軽減でき、看護師は看護師でなければできない専門業務により従事することができるようになります。

このように、病院が医師事務作業補助者を有効に活用することによって、医師や看護師の負担は軽減され、より多くの時間が患者に向けられるようになり、患者の安心と満足の得られる医療へと改善されることが期待されます。

NPO法人日本医師事務作業補助研究会は、医師事務作業補助者に継続的な教育と研修の機会を提供し、生涯に渡ってキャリアアップを図ることを支援するために設立されました。この度、医学通信社から「医師事務作業補助マネジッメントBOOK」が発刊されましたが、これからも学術、実務など多方面から医師事務作業補助者をサポートして参ります。



NPO法人日本医師事務作業補助研究会は実務者と配置管理者のために質の高いセミナーを企画しています。今回は「医師事務作業補助者の導入効果と継続教育」がメインテーマです。参加者の皆さんに大いに満足していただける企画・内容になっております。多くの配置管理者と実務者の参加をお待ちしています。 
NPO法人日本医師事務作業補助研究会主催の「配置管理者セミナー in 大阪」のご案内
日時: 2013年2月2日(土) 13:30~16:50
場所: 新大阪丸ビル別館
詳細はhttp://ishijimu.umin.jp/ (申込受付開始は11月1日~)






腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。