スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国で頚椎の人工椎間板置換術を受けた患者のビデオみて思うこと

.26 2012 頚椎人工椎間板置換術 comment(3) trackback(1)
You tubeで頚椎症か椎間板ヘルニアの日本人男性が韓国に渡り、頚椎の人工椎間板置換術を受け、術前の激痛が消失し、喜びながら会見しているビデオを見て、私は複雑な気持ちになった。
 その理由は、患者の痛みは人工椎間板置換術でよくなったわけではなく、椎間板や骨棘などによる神経根の圧迫が除去されたために好くなったのである。ビデオの男性を悩ませていた椎間板や骨棘などによる根性痛は、現在、国内で行われているチタンやセラミック、自家骨などを用いた前方固定術でも問題なく治るのである。

人工椎間板置換術と前方固定術の根本的な違いは、術後に手術椎間の可動性が維持されるか否かにある。前方固定術では、椎間板を摘出した上下の骨を癒合させる。すなわち、二つの骨を癒合させて一つの骨にする。その結果、頚椎の動きの負荷が固定されていない隣の椎間に増大することになり、後日、隣接椎間に椎間板ヘルニアや狭窄症が発症し、二度目の手術が必要になることが少なくない。これは固定術に内在する宿命的な問題、欠点とされている。
 これに対して、人工椎間板置換術は椎間板を摘出した上下の骨を癒合させることなく、可動性を温存させるため、固定術の欠点としてある隣接椎間の問題を回避できると期待されている。
 しかし、人工椎間板が5年以上の長期にわたり、可動性を維持できるかは未だ不明である。本当に隣接椎間に起こる問題が固定術よりも少ないのかも検証が不十分である。

 私見を述べるなら、人工椎間板は将来的には改良を重ねられ、より理想的なものに近づいていくと期待されるが、現状では信頼に値する十分なデーターは集積されていないと思われる。従って、私は人工椎間板置換術には慎重な立場を取っている。

 You tubeの男性が会見で述べたように、保存治療にも関わらず効果なく、患者が痛みに苦しんでいるのに、国内の医師が手術はまだ早いと言ったことが私には残念である。私なら、迷うことなく手術に踏み切っていたであろう。

腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

     ↓           ↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 人気ブログランキングへ





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。