FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けたが臀部や下肢の痛みが良くならない患者へのメッセージ

.30 2012 腰椎椎間板ヘルニア comment(3) trackback(0)
腰ヘルニアの手術効果は劇的なものです。術前には身の置き場のない激痛に呻いていても、手術が終わり、麻酔から覚めると、患者はあの激痛はどこに行ったのかというくらい速やかに改善するものです。

麻酔から覚めた状態で、術前と痛みの状態が変わらなければ、その手術は失敗です。
失敗の原因は、診断の誤りか手術が不完全かどちらかです。

術後、痛みは直ぐには改善しなかったが、その後、徐々に痛みが弱くなっていく場合は、
手術で良くなったのではなく、安静により自然軽減している状態です。このような患者では、退院して動き始めると、痛みが再燃するのが普通です。

腰ヘルニアの手術結果は外科医の腕次第です。
誰もが同じ結果を出せると思ったら間違いです。
診断の難しいヘルニアもあれば、診断できても手術的に摘出することが困難なヘルニアも少なくないのです。

手術の失敗に早く気づくことが重要です。執刀医は何故、結果が出ないのか
自分では解らないのが普通です。解っていればそのような結果にはならないからです。

腰ヘルニアは痛みが強いだけに、藁にもすがる気持ちで早く手術を受けられる所へ
駆け込む気持ちは分かりますが、直ぐに手術が受けられる病院は通常は手術の少ない病院であることを理解しておくと良いと思います。


腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。