FC2ブログ

原因不明の腰痛や坐骨神経痛には見逃された原因が潜んでいる。

.15 2012 坐骨神経痛 comment(3) trackback(0)
 私の外来には坐骨神経痛の原因不明例やfailed back surgeryの患者が増加している。このブログサイトから受診される方もいますが、最も多いのは口コミ情報からです。私の手術を受けた患者やその知人から受診を勧められてというケースが多い。

 最近、受診された50代の男性は坐骨神経痛で治療を受けているが、その病院ではMRIでも異常所見がなく、原因不明の坐骨神経痛と扱われていた。

 この患者は、右下肢の坐骨神経痛であり、坐位では痛みは軽減するが、立位や歩行で痛みが増す。右下側臥位や仰臥位では坐骨神経痛が強くなる。左下側臥位で寝ると痛みの増強はないとのことであった。
この症状は脊柱管狭窄症のものに似る。しかし、他院のMRIでは狭窄症も椎間板ヘルニアも認めないとの診断であった。

 一見しただけでは、脊柱管内にも椎間孔内に異常所見がないかと思われる。しかし、詳細に検討すると、右L5神経根は軽く膨隆した椎間板と上関節突起間で圧迫されていた。その圧迫程度は軽いように見えるが、腰椎の伸展による生理的な脊柱管サイズの縮小によってL5神経根の圧迫が増強し、坐骨神経痛が発現していたのである。

 このように立位や歩行、腰の伸展姿勢で発生する腰痛や下肢痛には必ず治し得る原因があると考え、諦めずに原因追求を行うことが重要である。なぜなら、このような痛みは次第に悪化する傾向を示すことが多いからである


NPO法人日本医師事務作業補助研究会は実務者と配置管理者のために質の高いセミナーを企画しています。今回は「医師事務作業補助者の導入効果と継続教育」がメインテーマです。参加者の皆さんに大いに満足していただける企画・内容になっております。多くの配置管理者と実務者の参加をお待ちしています。 

NPO法人日本医師事務作業補助研究会主催の「配置管理者セミナー in 大阪」のご案内
日時: 2013年2月2日(土) 13:30~16:50
場所: 新大阪丸ビル別館 (新大阪駅東口より徒歩2分)
詳細は 配置管理者セミナー in 大阪 プログラム (申込受付開始は11月1日~)


腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ