術後約3ヵ月で再発した腰椎椎間板ヘルニアの治療について

.26 2012 再発腰椎椎間板ヘルニア comment(7) trackback(0)
患者は40代女性。
初回ヘルニア摘出術後約3ヵ月でヘルニアが再発した。初回ヘルニアよりも大きく、神経根の圧迫も強い。保存治療で自然治癒を期待するか、再手術を行い早期治癒へ向けるか。
私は再発例では、早期手術を原則にしており、この患者でも日程を調整して出来るだけ早い再手術を行った。

初回術前MRI矢状断像:左L5/S1に矢印で示すヘルニアを認める。
初回術前MRI 矢状断像

初回術前MRI横断像: ヘルニアは小さいが神経根を直撃している。
初回術前MRI横断像  


初回術後MRI 矢状断像:ヘルニアは摘出され、
初回術後MRI矢状断像

初回術後MRI 横断像 :S1神経根がきれいに描出されている。
初回術後MRI横断像

退院後、再び左下肢痛が発現し、歩行にも困難ありと再受診される。

再発術前MRI 矢状断像:前回の部位に大きなヘルニアの再発を認める
再発術前MRI 矢状断像

再発術前MRI 横断像
再発術前MRI横断像

手術は、前回の17mmの切開創を開き、MD法で再発ヘルニアの摘出と椎間板摘出を行った。ヘルニアはS1神経根と
硬膜管に割り込み後方へ大きく脱出し、ヘルニアと硬膜・神経根の間には強い癒着を認め、瘢痕性組織も形成されていた。一口で表現するなら、S1神経根はヘルニアと瘢痕組織の中に埋まっていた。このS1神経根への圧迫影響を除去することが手術の目的である。ヘルニアを摘出しても、S1神経根の圧迫・拘扼が完全に除去されなければ、患者の症状はすっきりと良くならないのである。
手術時間は1時間10分、出血量は10mlであった。


再発術後MRI 矢状断像:ヘルニア摘出部位に小血腫を認めるが、やがて吸収消失する
再発術後MRI 矢状断像

再発術後MRI 横断像
再発術後MRI 横断像


術後すぐに下肢痛は消失し、術後10日で退院した。初回術後から残っていた足の小指しびれは認めるが、再発による新たな障害は残らなかった。術後、鎮痛剤は不要になった。
手術所見は既に神経根の周囲に癒着は強く、ヘルニア摘出に困難を伴ったが、再発ヘルニアはほぼ全摘出できた。術後経過は順調であり、再手術は成功と判定できる。

私ども外科医の手術は結果がすべてである。術後患者の症状が改善し、患者の満足を伴う治療結果がなければ、手術は成功したとはいえない。外科医が頭で考えた通り、予定通りに手術ができたとしても、結果がそれに伴なわなければ、手術は成功したとはいえないというのが私の見解である。

NPO法人日本医師事務作業補助研究会は実務者と配置管理者のために質の高いセミナーを企画しています。今回は「医師事務作業補助者の導入効果と継続教育」がメインテーマです。参加者の皆さんに大いに満足していただける企画・内容になっております。多くの配置管理者と実務者の参加をお待ちしています。 

NPO法人日本医師事務作業補助研究会主催の「配置管理者セミナー in 大阪」のご案内
日時: 2013年2月2日(土) 13:30~16:50
場所: 新大阪丸ビル別館 (新大阪駅東口より徒歩2分)
詳細は 配置管理者セミナー in 大阪 プログラム (申込受付開始は11月1日~)


腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ

スポンサーサイト