FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰椎椎間板ヘルニアや狭窄症、すべり症に対する早期手術の道を切り開きたい

.24 2013 腰椎椎間板ヘルニア comment(3) trackback(0)
腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄、辷り症などの症状に苦しむ患者の生活重視の視点に立つなら、腰痛や坐骨神経痛などの症状の原因に対する根治治療、すなわち手術治療が早期回復のために必要です。

保存治療のすべては自然治癒を期待するものであり、保存治療は自然治癒するまでの間の症状緩和療法に過ぎません。その点、手術治療は神経根や馬尾などの神経組織を障害する原因自体を取り除きますので、その改善効果は劇的であることは、このブログで繰り返し述べてきた通りです。

激痛に苦しむヘルニア患者も麻酔から覚めた手術直後には痛みから解放され、痛み地獄は一気に極楽に変わります。この手術治療の即効性を知る私としては、痛みに苦しむヘルニア患者では速やかに手術をして治してあげたいと内心そう思うのですが、まずは保存治療という伝統的な治療方針がまだまだ金科玉条としてあります。

そのため、症状を和らげるための薬物治療やブロック治療のため患者は一喜一憂しながら通院治療を続けることになります。長い通院治療、その挙げ句に神経障害が進んでから手術治療、手術は成功しても、神経障害性の症状が後遺症として残り、泣くに泣けない状況が従来の治療方針の中で発生し続けています。

手術治療の結果が不確実であった時代の治療方針が未だに続いている現状に私は疑問を感じています。熟練した脊椎外科医なら手術で症状を悪くするリスクは限りなく0に近い状況にあります。そろそろ、医術の進歩に見合った治療方針へと軌道修正して良い時期にきているのではと私は思います。勿論、自らの手術技量とよく相談して出すべき答えではあります。

手術で速やかに痛みがなくなり、仕事・家庭復帰ができたなら、通院治療に必要な医療費は不要になり、経済効果も大きいと私は試算しています。そのような客観的なデーターを出していき、早期手術への道筋をつけたいと考えています。

腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ



NPO法人日本医師事務作業補助研究会は実務者と配置管理者のために質の高いセミナーを企画しています。今回は「多職種協働における医師事務作業補助者の役割」がテーマです。参加者の皆さんに満足していただける企画・内容になっています。多くの配置管理者や実務者の参加をお待ちしています。 

NPO法人日本医師事務作業補助研究会主催の「配置管理者セミナー in 札幌」のご案内
日時: 2013年4月13日(土) 13:30~16:50
場所:TPK ガーデンシディ札幌  
NPO法人日本医師事務作業補助研究会HP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。