スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脊椎外科医の戦場の独り言  H25 7 26

.25 2013 独り言 comment(5) trackback(0)
今日の午前は18歳の腰椎椎間板ヘルニアのMD手術を行い、午後からは77歳女性の腰椎すべり症と脊柱管狭窄に対する最小侵襲法による神経除圧と腰椎固定術を行った。
昨日は58歳男性の腰部脊柱管狭窄症のMD手術と90歳女性の腰椎すべり症と高度脊柱管狭窄症のMD手術があった。90歳女性は10年来の立位・歩行障害があり、排尿障害をも伴っていた。もう一度、台所に立ちたい、歩きたいという強い希望に押されて、手術を引き受けた。私は80歳以上の腰椎手術を多数行ってきたが、高齢者の腰椎手術は大変困難なものが多い。一般に高度の狭窄症であり、神経周囲の癒着が進んでいる。神経を障害しないように完全に神経除圧を行うことにはいつも困難を感じる。手術中の緊張感は特に強くなる。手術が終わると喉がからからになっている。術後直ぐ飲む一杯の水がとても美味い。

高齢者の腰椎手術は短時間で出血量を少なくやらなければならないと私は考えている。腹臥位の手術であり、心肺機能が低下しているので術中の補液は最少で済むよう出血量を少なくする。私が行う狭窄症のMD手術の所要時間は約1時間、出血量はせいぜい10mlくらいなので、超高齢者でも手術が可能になる。その他、色々と困難な問題を伴うのが高齢者の手術だ。だからこそ、外科医としての挑戦心も高まるわけだ。脊椎手術は常に危険と隣り合わせの手術なので、手術中は顕微鏡下の操作に一瞬の油断もできない。一週間、このような緊張の連続なので、週末はやや疲れを感じるのは仕方ない。明日の午前は2ヵ月待ちになっている外来患者さんの診察を行い、午後は24歳女性の腰椎椎間板ヘルニアのMD手術がある。

そして、夜は、NPO法人日本医師事務作業補助研究会が6月29日に金沢音楽堂で主催した第3回全国大会の実行委員の方々の慰労会がある。医師事務作業補助者達の支えがあるからこそ、私も含めて当院の外科医達は患者の診療に専念できる。こんなにありがたいものはない。
明日の晩は彼女らに精一杯楽しんでもらえる会にしたい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。