腰椎椎間板ヘルニア手術の目的はヘルニア摘出自体にあるのではなく、圧迫・拘扼されている神経根の除圧にある!

.26 2013 腰椎椎間板ヘルニア comment(15) trackback(0)
腰椎椎間板ヘルニアの摘出術を受けたが、症状の改善が得られないという問題については今までも、このブログで取り上げてきました。

術後、執刀医が椎間板ヘルニアは摘出しましたと言って、仮に摘出した椎間板組織を
患者・家族に見せたとしても、それは結果を保証するものにはなりません。

確かに多くの場合、ヘルニアの摘出によって臀部や下肢の痛みやしびれは改善します。

しかし、そうならない場合が起こります。
なぜでしょうか?

その答えは、ヘルニアが摘出されても、神経根の圧迫・拘扼が除去されない場合です。

このようなことは変形性腰椎症や脊柱管狭窄症を伴っている椎間板ヘルニアで起こることが多いのです。この場合には、ヘルニアの摘出のみならず、骨を削り、靱帯を摘出して、神経根の圧迫・拘扼を取り除くこと、つまり神経根除圧を行うことが必要になります。

椎間板ヘルニア自体が痛みを出している訳ではなく、ヘルニアによって圧迫・拘扼されている神経根が下肢の痛みやしびれを出しているのです。

腰椎椎間板ヘルニアも脊柱管狭窄症も手術の目的は神経根除圧にあるのです。

腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

1245_32.png 1245_32.png にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ