スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤診されやすく、診断の難しい超外側型の腰椎椎間板ヘルニアの患者

.26 2012 腰椎椎間板ヘルニア comment(2) trackback(0)
患者は60代男性。半年前から右腰に違和感があり、徐々に右のふくらはぎまで痛みとしびれがひどくなってきた。朝はまだ良いが、昼から夜にかけて歩けなくなるほど痛みが強くなる。右足親指からその上のあたりまでしびれがある。50mくらい歩くと休まなければならない。ある病院を受診したら、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛といわれ、薬を処方され服用しているが、一向に良くならないと私を受診された。
 私の診断は腰部脊柱管狭窄症もあるが、症状の原因は右L5/S1の超外側型ヘルニアによる右L5神経根症であった。狭窄症は症状には無関係であった。L5神経根は坐骨神経を形成する神経のため坐骨神経痛を呈したのである。
 よく話しを聞くと、最近は5~10mくらい歩くのがやっとであり、夜寝るときに痛みが強く、睡眠不足になっている。この半年で体重が6kgほど落ちている。腰を曲げていると痛みは軽減するが、伸ばすと痛みが増す。
 自営業で妻と二人でお菓子屋を営んでいるが、立ち仕事が多く、壁に寄りかかりながら何とか仕事をしている状態であるが、休むわけにはいかず、この状態が続くと店をたたまなければならないといった深刻な内容であった。
 手術は予定手術で組むと、半年待ちであったが、患者の生活を破綻させるわけにもいかず、できるだけ急いで手術を予定した。
 手術は、腰の真ん中から50mm右側に18mmの切開を加え、直径18mm、長さ50mmのチューブ・レトレターと手術顕微鏡を用いて、超外側型ヘルニアを摘出した。手術時間は50分、出血量は5mlであった。術後、麻酔が覚める親指あたりのしびれ感が軽減しており、腰を伸ばして寝ていても痛みが増すことはなくなっていた。翌日から歩行もできるようになった。
早く仕事に復帰し、店を続けていけるようにとの職員達の気持ちが患者の生活を救った。


腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

     ↓           ↓

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

山下亜希子
先生お疲れ様です
今年7月始めにギックリ腰になり、改善後左下肢裏に痺れと痛みがありましたが自制内でした。療養病棟で看護師をしております。8月の末に三日間原因不明の高熱が出て、腰痛もあり脊椎炎?と思い整形外科を受診したら腰椎ヘルニアでした。
9月4日より左下肢の激痛がひどく休職しています。
また、その頃より尿意があまりなく、尿の勢いもなく、出てもチョロチョロなため主治医尿閉相談しましたがMRI を見て問題ないと言われ3週間経過。昨日泌尿器科受診し、自己導尿しています。
今日は尿意があったりなかったりしています。
違う医師にセカンドした方がよろしいでしょうか?
まとまりない文章で申し訳ありません
2017.09.23 20:17
drshujisato
17/09/23の山下亜希子さんへ  Re: 神経因性膀胱でL5S1の腰ヘルニア

椎間板ヘルニアで尿閉になる場合は、かなり大きなヘルニアが馬尾神経を圧迫しています。
あなたの場合、主治医がヘルニアは尿閉とは関係ないと判断されているようですが、MRI上ではそれほど大きなヘルニアでは
ないのでしょうね。ヘルニアで尿閉になる場合には、肛門周囲や会陰部にしびれや感覚障害を伴いますが、いかがでしょうか。
また肛門括約筋の麻痺が起こり、随意的に肛門を締めることができなくなりますが、これもいかがでしょうか。
確かめてみてください。
泌尿器科の医師は尿閉の原因をどう診断していますか。高熱が先行していたようですが、これとの関係も気になりますね。
どうしても原因が明らかにならないのであれば、セカンドオピニオンを検討されたらよいと思いますよ。
それではお大事に。

FROM SHUJI SATO

2017.09.26 22:23

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/125-a92968a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。