身長170cm,体重約100kgの男性の腰ヘルニア手術

.29 2011 腰椎椎間板ヘルニア comment(0) trackback(0)
 高度の肥満者はどんな手術をするにしても、外科医泣かせ、麻酔医泣かせです。最近、腰ヘルニアに悩んできた30代の男性のMD手術をやりました。切開15mmでやりましたが、いつもながら超肥満者の手術は苦労を伴います。ヘルニアまで深くて遠いのです。顕微鏡あればこそ可能な手術です。私は腰ヘルニアの手術は30~60分でやりますが、この方は70分でした。それでも出血量は8mlです。通常のヘルニア手術なら、この方の腰には大きな手術痕が残ったことでしょう。この患者さんは翌日から歩き、しびれはまだあるものの、痛みはとれ喜んでおりました。
MD手術は超肥満者でも普通の体重の方と同じ切開で直せるのです。ただし、麻酔医は渋い顔をしますがね。





にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/21-469348ac