頚椎椎間番ヘルニアに対するMD法によるヘルニア摘出術

.05 2012 頚椎椎間板ヘルニア comment(0) trackback(0)
頸椎椎間板ヘルニアの手術治療
  
患者:30歳男性。左C5/6の椎間番ヘルニア 
症状経過:2年前から、両手のしびれと右足のしびれあり。近医で頸椎椎間板ヘルニアの診断を受ける。手術を勧められるも、そのまま放置した。次第に、左に強い巧緻運動障害と歩行障害が発現し、階段昇降に手すりが必要となったため私の外来を受診した。

診断は左に強い神経根・頸髄症。
MRI画像所見を下に提示する。

頸椎椎間板ヘルニア C5-6   術前矢状断 
術前MRI矢状断像:C5/6の左側に椎間板ヘルニアを認める。

頸椎椎間板ヘルニア C5-6   術前横断 
 術前MRI横断像:C5/6の左側に椎間板ヘルニアを認める。

頸椎椎間板ヘルニア C5-6   術後矢状断 
 術後MRI矢状断像:ヘルニアが摘出されている

頸椎椎間板ヘルニア C5-6   術後横断 
 術後MRI横断像:ヘルニアが摘出されている。

手術ビデオ
 頚部後部の正中近くに18mmの皮膚切開
 チューブレトレクター 直径16mm、長さ60mmと手術顕微鏡を使用
 手術所要時間:1時間35分
 出血量:55ml


[広告 ] VPS


手術図
渡辺 亮太 30歳 男 頸椎 H21 3 11
術後12日目に退院する。術前の両上肢と手のしびれは軽減し、指先に残る程度であった。手指の巧緻運動障害が歩行障害はほぼ消失していた。
その後は安定した経過で受診はない。

腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ

関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/213-c5c31d7e