スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

78歳女性、腰椎すべり症の最小侵襲固定術を受けられ、元気に退院!

.06 2012 腰椎変性辷り症 comment(0) trackback(0)
30年前から腰痛あり。左下肢後面から足首周囲にしびれがあり、踊りを習っていたができなくなった。腰を治してまた踊りをしたいとある大学病院を受診した。
 その病院では、L4/5の変性すべり症の診断を受け、高齢であること、糖尿病があることから、しびれはすっきり治らないし、高齢だから、手術は無理と話され、悩んでいた。
 私の手術を受けた方からの紹介で私の外来を受診された。
検査の結果、L4/5の変性すべり症(2度)と脊柱管狭窄を認めた。

術前レントゲン撮影 前後像
 術前XP

術前MRI
 術前MRI


血糖は108 mg/dl、ヘモグロビンA1Cは6.2%であり、糖尿病のコントロールは良かった。

 患者さんは生活の質を良く保ちたいという希望が強く、手術を行うことを決定した。
手術は、最小侵襲除圧と固定術を行った。具体的には、L4/5のペディクルスクリュー固定と椎体間固定(mini-TLIF)、両側L5神経根と硬膜管の除圧を行った。手術時間は2時間20分、出血量は55mlであった。

術後レントゲン撮影 前後像
 術後XP 正面

術後レントゲン撮影 側面像
 術後XP 側面

術後MRI
 術後MRI

 術後翌日には離床を開始し、リハビリを行い、術後20日目に無事、自宅へ退院された。術前の下肢の症状は消失しており、腰には長く立っていると違和感を覚えるが、腰痛は消失していた。歩行も障害なく、術後半年過ぎたら、好きな踊りを始めてよいと説明した。
 患者さんは高齢と糖尿病で手術は無理といわれたにも関わらず、手術を受けられたことを大変喜んでおられた。

 大学病院で言われたように、高齢者のすべり症の手術はリスクが高い。しかし、それは過去のこと、というのが私の意見である。高齢者でも、症状の改善は良好なことが多く、最小侵襲なら固定術は可能である。。
手術治療の何よりの効果は、自分の足で歩け、好きな趣味を楽しめることである。
 


 NPO法人日本医師事務作業補助研究会の発展は全国の医師事務作業補助者の社会的認知度を高め、医療職として確固たる定位置を獲得していくことに大いに役立つでしょう。
そのためにも、全国の医師事務作業補助者の本研究会への入会とご協力を事務局からお願い致します。詳細および入会手続きはhttp://ishijimu.umin.jp/まで。

NPO法人日本医師事務作業補助研究会は、医師事務作業補助者に継続的な教育と研修の機会を提供し、生涯に渡ってキャリアアップを図ることを支援するために設立されました。この度、医学通信社から「医師事務作業補助マネジッメントBOOK」が発刊されましたが、これからも学術、実務など多方面から医師事務作業補助者をサポートして参ります

NPO法人日本医師事務作業補助研究会は実務者と配置管理者のために質の高いセミナーを企画しています。今回は「医師事務作業補助者の導入効果と継続教育」がメインテーマです。参加者の皆さんに大いに満足していただける企画・内容になっております。多くの配置管理者と実務者の参加をお待ちしています。 

NPO法人日本医師事務作業補助研究会主催の「配置管理者セミナー in 大阪」のご案内
日時: 2013年2月2日(土) 13:30~16:50
場所: (株)ジャパンライフ / 新大阪丸ビル別館
詳細は 配置管理者セミナー in 大阪 プログラム (申込受付開始は11月1日~)


腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ

関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/233-f0e34048
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。