腰ヘルニアで、どうして足が冷たくなるの?

.07 2011 腰椎椎間板ヘルニア comment(0) trackback(0)
腰ヘルニアの症状と言うと、痛み、しびれ、力が入らないなどが良く知られていますが、案外知られていない症状に足の冷感があります。下腿から足にかけて異常に冷たく感じることは腰ヘルニアの患者さんではよく経験されることです。手で触っても冷たくないのに、どうしてこんなに冷えるんだろう?こんな症状を持っている患者さんは多い。靴下を重ね履きしたり、温湿布を貼ったり、色々と対策を講じるが、冷感はよくならない。こんな経験を持ったことありませんか?この冷感はヘルニアによって腰の神経が障害されて生じるのです。神経は大きく、運動神経と知覚神経、自律神経に分けられます。運動神経の障害は筋力の低下や筋肉の萎縮を起こします。また、知覚神経の障害は痛みとしびれ、感覚障害をもたらします。そして、自律神経は足の冷感やむくみ、足の色調の悪さを引き起こします。下肢の動脈が細くなり、血行が悪くなって冷たいのは、血流を増やしてやる薬や処置で改善されますが、自律神経を介して起こる冷感はそのような対処では余り改善が期待できません。しかし、手術により障害されていた神経の機能が回復してくると、痛みやしびれが良くなるように冷感も消え、足に温かみがもどってくるのです。ただし、神経障害が進んだ人では、しびれが残り、冷感も残ることになります。神経障害を長く放置すると治る可能性のある症状が後遺症として残り、悩み続けることになるのです。神経レスキュー隊の出動要請をためらってはだめですよ。




にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ人気ブログランキングへ
↑ 腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んで
      いただきたいと思っております。
   1クリックお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/31-61bca818