今日も70代の腰椎手術2件、どれだけ経験を積んでも易しい手術はなし!

.27 2014 腰椎MD法 comment(0) trackback(0)
今日は2件の腰椎手術がありました。1人は70代男性で5~10mの歩行で間欠性跛行が出現する患者さんで、L4/5とL3/4に腰部脊柱管狭窄症を認めました。L2/3とL1/2にも狭窄性変化を認めましたが、症状の原因はL4/5とL3/4と判断し、
MD法による神経除圧を行いました。L4/5とL3/4にそれぞれ18mmの皮膚切開で行う方法です。術後、下肢の症状の改善が得られています。

もう1人は、10年前に他院で腰部脊柱管狭窄症の手術を受けられた70代後半の女性ですが、両側の下肢に痛みとしびれ、間欠性跛行が出現するようになったと受診されました。MRIでは、L4/5とL3/4で過去に除圧術が行われていますが、症状に関係しそうな病的所見は認めませんでした。しかし、L4/5に軽いすべり症と不安定性があり、同じレベルの両側の椎間孔狭窄を認めました。不安定性を伴うすべり症があるため、最小侵襲法で、L4/5の両側の椎間孔を解放し、L4神経根を除圧しました。椎間孔内は瘢痕性組織で埋め尽くされていました。これらの瘢痕組織を除去し、神経根を脊柱管内から椎間孔外へと除圧しました。さらに、両側でペディクルスクリュー固定と椎体間固定TLIFを行いました。これで、症状が改善してくれると期待されます。

明日は、50代男性のL4/5とL3/4の腰部脊柱管狭窄症のMD手術があります。一日の終わりは、くたくた状態ですが、翌日の朝、患者さんを見ると元気と勇気が湧きます。

腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。1日1クリックずつ応援お願いいたします。

1245_32.png 1245_32.png にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ

関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/310-150ec746