スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災いから、再発見する生き甲斐と喜び

.04 2015 患者さんへのメッセージ comment(4) trackback(0)
3月末日まで約4ヵ月間入院加療し、
4月1日から新入職員の入職式と教育研修を行い、私の職場復帰がスタートしました。
歩いてもふらふら、手足の力も入らずの状態で、いつ手術を開始できるか皆目見当のつかない状態でした。
長い間、私の復帰を待たれている患者さんに申し訳なく思う日々が続きました。
しかし、身体は正直なもので、ウオーキングや筋力をつけるリハビリをこつこつやるしかありませんでした。
その間、なによりも励みになったのは、私の復帰を待つ患者さんであり、病院職員の方々でした。
自分を必要としてくれる人々の存在が、どれほど生きる励みになるか、今回は身を以て知ることができました。
リハビリ病棟で、片麻痺や言語障害などと必死に戦う患者さんの姿をみるにつけ、自らの病の軽さを感じたものです。
運良く体調は順調に回復し、5月末から外来診療や手術をぼちぼちと始めることができました。
今日までに腰椎や破裂脳動脈瘤の手術を、合わせて20件を超すところまできました。
手術はまだ週3回くらいのペースですが、さらに増やせる見通しも立ちました。気力・体力はほぼ100%の状態です。
一日でも早く、一人でも多く、腰椎変性疾患に苦しむ患者さんを救いだすことが私に残された使命であり、
そのためにこそ、この世に再び命を与えてもらったと思います。
これからも、腰椎手術に対する社会の期待と信頼が高まっていくよう最善を尽くしていきます。
腰椎変性疾患に苦しむ患者さんは、諦めることなく、希望をもって、戦い抜いて欲しいと思います。
腰椎変性疾患は「自力で治る、手術で治せる」病気なのですから。


スポンサーサイト

さくら
佐藤先生
先生が復活されて本当によかったです。
今日もお疲れ様ですm(__)m
私が先生のブログを初めて訪れたのは
先生が手術、入院を経て
お仕事を再会された記事だったと思います。
あらためて今日の記事をみまして
先生の大変さを感じました。

私も入院中に担当医をはじめ
看護婦さんやリハビリの先生など
プロフェッショナルな方々に
お世話になりまして
大変良い刺激を受けました。

リハビリ経過は5年計画で
再診も月末にあるので
また経過報告します。

佐藤先生、お体をいたわりながら
ガンバってください。
2015.08.06 16:57
C、K
佐藤先生、大病を患いここまでくるまでには並々ならぬ努力があったことかと思います。コメントを読みながらまたもや溢れ出す涙、病気の内容は異なるにしても痛みや辛さは当の本人がしか分からないものです。毎日の筋トレやストレッチも短い期間の間にこうして回復したのも佐藤先生の患者さんに対する熱意があってこそ実ったものなんだなと痛感致しました。佐藤先生どうか無理をなさらずにいて下さい。佐藤先生の患者を思う気持ちに心から感謝致します。ありがとうございます。マスコミは神の手を持つ医師を取り上げるのも良いことかと思いますが、佐藤先生のことを取り上げてほしいと願ってやみません。ここまで患者のことを真摯に受けとめ考えて下さる医師はなかなか少なくてプライドの高い医師も多いため患者との距離が縮めずにいる現実があることを訴えていけたらどれほど素晴らしい事かと思いました。今私は痛みや痺れとの闘いで入院中ですが症状はあまり変わらず、それでも笑って過ごせるようになってきました。入院患者さん同士のコミュニケーションがよいのかもしれませんね。 佐藤先生のブログに勇気づけられました。ありがとうございました。
2015.08.06 20:54
drshujisato
15/08/06のさくらさんへ  Re: よかったです

温かいはげましの言葉ありがとうございます。
私も頑張りますので、さくらさんも頑張って、生活復帰を図ってください。
お互いに頑張りましょう。

FROM SHUJI SATO
2015.08.09 23:22
drshujisato
15/08/06のC.Kさんへ Re: 辛く苦しい時期を乗り越えての復帰に至るまで凄く大変な長い時間だったと思います。

この度は、CKさんに私が逆に励まされました。
病気がどなるか予測できないという不安は病気にならないとなかなか本当の意味では理解できませんね。
どんなに周囲に励まされても、最後は自分で乗り切るしかないのが病気です。
しかし、病気の辛さ・苦しさの理解者が存在することは何にもまして病人にとっては慰められ、心強いものです。
私は、医師としてそのような役割をはたすことを望んでいます。
これからも、辛い者同士が励まし合って、孤独な戦いを乗り越えていきましょう。
がんばってください。

FROM SHUJI SATO
2015.08.09 23:32

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/389-3a9815ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。