高齢者の腰椎椎間孔部狭窄症の手術成績について学会発表し、その概略をブログにアップしました。

.21 2019 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
2017年の1年間に私が手術を行った腰椎変性疾患の種類については、http://spine.drshujisato.com/blog-entry-428.htmlで紹介しました。これを基にして、この度、日本臨床脳神経外科学会(2019年7月20日ー21日、岡山)で高齢者の腰椎椎間孔部狭窄症の手術成績を発表しました。65歳以上の腰椎椎間孔部狭窄症で単椎間手術27例の手術成績を検討しました。年齢は65ー84歳(平均75歳)、女17例、男10例、腰椎手術癧(3回:1例、2回:6例、1回:9例)を持つ患者を約60%で認め、側彎症例(Cobb角10度以上、平均17度)を9例、椎間孔狭窄症の再発5例、腰椎固定隣接椎間3例、他院でのfailed  back 手術4例、陳旧性圧迫骨折を4例(1椎体:2例、2椎体:1例、3椎体:1例)で認めました。続く
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/439-7d966e11