頚椎椎間板ヘルニアに対する仕立て屋手術:術後カラーのいらないMD手術とは?

.17 2011 頚椎椎間板ヘルニア comment(1) trackback(0)
 40歳代の男性が10年来、左肩から腕に痛みとしびれがあり、今年の4月頃からは人差し指・中指にしびれが強くなり、夜は痛みが強く睡眠が十分取れなくなったと受診されました。他の病院では頚椎には特に問題はないとの診断を受けていました。症状からは、左の頚椎7番目の神経根の症状であり、MRIとCTから頚椎6番と7番の左の椎間孔(神経根が骨の中から外にでるトンネル)に古い石灰化した椎間板ヘルニアを認めました。長い経過ですので、ヘルニアが固くなり、次第に椎間孔が狭くなり、7番の神経根の圧迫が進み、痛みと手指のしびれが強くなったのです。長い経過と根性痛(神経根が出す痛み)が強いいため、手術治療を決めました。この場合、通常ですと前回説明した前方固定術が行われるます。頚椎の前方から椎間板を摘出し、椎間孔内の硬化したヘルニアを摘出して神経根の圧迫を取り除き、チタンケージを空になった椎間板腔に挿入して骨の固定を行います。術後は入れたチタンケージがずれたりしないように首にカラーをつけます。そのカラーをつける期間は外科医によって異なります。この患者のように、椎間孔内や脊柱管の外側部のヘルニアの場合には、私は首の後ろの真ん中付近に17mm位の切開を加え、直径16mmのチューブ状の開創器(チューブレトレクターといいます)を骨まで挿入し、手術顕微鏡下に骨を僅かに削り、その下の靱帯を切除して、神経根を出し、その下からヘルニアを摘出します。腰のヘルニアに対するMD手術と同様の手術を行うのです。この患者の場合には、ヘルニアが固くなり簡単には摘出できませんので、無理をすると神経根を傷めてしまいます。そのため、神経根除圧といって、ヘルニアと骨とで神経根が板挟みになり、圧迫されていますので、骨を少し削って板挟み状態を解消し、神経根の圧迫を取り除く手術を行いました。この患者の手術時間は丁度1時間、出血量は30mlでした。頚椎のMD手術の方が腰椎のMD手術より、時間はやや長く、出血量もやや多い傾向があります。この頚椎MD手術の良さは、術後、首にカラーは必要ないことです。なぜなら、骨の固定は行わないからです。翌日から、カラーなしで患者さんは起きることができ、2週間までには退院ができ、カラーが不要ですから、退院後は車の運転も直ぐにできるわけです。このように、ヘルニアの出る場所(前回の説明ではCやB)によっては、このようなMD手術で治療ができるのです。しかし、ヘルニアが骨の真ん中付近に出る(前回のA)では、従来の前方固定術が必要です。MD法では骨の真ん中付近のヘルニアを摘出することはでません。私は、頚椎椎間板ヘルニアでは、このようにヘルニアの出る部位によってMD手術と前方固定術を使い分けています。患者のヘルニアに応じた仕立て屋手術が可能な時代なのです。




にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ人気ブログランキングへ
↑ 腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んで
      いただきたいと思っております。
   1クリックお願いいたします。



関連記事
スポンサーサイト

株式会社リンクスタッフ
突然のご連絡で大変失礼致します。
株式会社リンクスタッフの高木と申します。

突然で大変恐縮ではございますが、一つお願いがございます。

11月13日(日)仙台TICイベントフォーラム、11月27日(日)ヒルトン福岡シーホークにて、初期研修医・医学生を対象と致しました、『e-レジフェア2011-PREMIUM-』を開催いたします。
http://www.e-resident.jp/2011/fair2011/

こちらをブログにて告知、又はバナー掲載を行なって頂けないでしょうか。
宜しければ一度下記アドレスへご返信頂けますでしょうか。
e-resifair@e-resident.jp

大変恐縮ではございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

↓告知文章は下記になります↓
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
☆告知☆
◆11月13日(日)仙台TICイベントフォーラム
◆11月27日(日)ヒルトン福岡シーホーク
にて『e-レジフェア2011-PREMIUM-』が開催されます!現在参加申し込み殺到中!
☆参加無料☆
企画
○国試対策セミナー
○お友達を紹介すると特典も!

参加申し込みの締め切りが迫っています!下記URLより今すぐ参加登録を!
https://www.e-resident.jp/2012/fair2011/entry.php?join=0&lecture=0

■運営会社
株式会社リンクスタッフ(http://www.linkstaff.co.jp/)
東京都港区赤坂4-9-17赤坂第1ビル6F
TEL 03-3401-7277 FAX 03-3401-7790
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

2011.10.18 15:19

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/50-f446eeed