診断がつかなくて恐ろしい腰ヘルニア、その名は超外側型椎間板ヘルニア

.18 2011 腰椎椎間板ヘルニア comment(2) trackback(0)
以前にブログで紹介したことがありますが、現代においても診断と治療の極めて困難な腰ヘルニアは超外側型ヘルニアです。椎間板の最も外側にでるヘルニアですが、ヘルニア診断に最も優れた検査機器であるMRIを以てしても、見逃したり、診断の困難なヘルニアなのです。椎間板ヘルニアは激痛が特徴ですが、この超外側型ヘルニアはヘルニアの中でも王様級の痛みになります。なぜならば、神経根が膨らんだ神経節と呼ばれる神経の中でも最も痛みに敏感とされている部位がヘルニアにより直接に圧迫されるからです。超外側型ヘルニアの患者は激痛で身動きとれなくなり、もしこの下肢を切り取って痛みがなくなるものなら、この下肢を切り取ってもらいたいと呻く程の痛みを持つのが特徴です。どこの部位のヘルニアでも神経根が急激に圧迫されると激痛になるのですが、それが最もひどい痛みになるということですから、筆舌につく、表現できない痛みと言うことになるのです。私は今までに多数の超外側型ヘルニアの患者を手術してきましたが、急性期を過ぎて激痛が取れた慢性期には下肢や足のしびれが強く、筋力の低下が進んでいる患者が多く見られました。これ程の苦痛を患者にもたらす椎間板ヘルニアですが、このヘルニアの診断の仕方を熟知していないdoctorが患者を診察し、MRIを検査したなら、腰に大した問題はないですよ。坐骨神経痛です。となってしまうから怖いのです。勿論、色々な保存治療を受けても良くならず、患者は坐骨神経痛に良いと言われる治療を求めて流浪の民となるのです。私のもとには、原因不明といわれる坐骨神経痛の患者が全国から来られます。その中で多い原因の一つがこの超外側型ヘルニアなのです。椎間板ヘルニアに対するMRIの通常の検査の仕方では、この超外側型ヘルニアの診断は困難なことが多いのです。この超外側型ヘルニアはまさに正体不明の拷問者になるのです。次回は、手術治療について説明しましょう。






にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ人気ブログランキングへ
↑ 腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んで
      いただきたいと思っております。
   1クリックお願いいたします。



関連記事
スポンサーサイト

世田谷の歯医者
私も仕事上腰が痛くなる時がありますので、勉強になります。
2011.10.19 18:13
秋桜
初めてコメントします。
先日非公開コメントで投稿したのですが、もしかして同じ辛さを味わっている人がいるかもしれないと思い公開コメントにして再度投稿させていただきます。

今から20年以上前、ぎっくり腰がきっかけで左腰の椎間板ヘルニアが見つかり手術で2.5グラムのヘルニアが取れました。1g取れたら巨大ヘルニアと言われると医師も驚きの代物でした。

その手術の二十年以上前から腰の不調(痛みが少しある程度)はあったのですがどこの病院でも異常なしで、結婚し3人の子供を出産(3人とも異常出産)しました。その後子育てに追われている最中に右の腰にぎっくり腰を起こし、早く治したいがために牽引治療を受けている最中に左腰に猛烈な痛みが起こり(地獄の底から湧きあがるような恐怖を伴うような痛みでした。)、検査(ミエロとMRI)の結果何かあるのは分かるのですがそれが何なのか分からないとのことでした。

痛みが引いた後は左下半身の重だるさと微熱で動く事もままならず、痛みや痺れはなかったのですが病院の駐車場から聞こえる車のセルモーターの音が左下半身全体に響き、最後の病院職員が帰る深夜まで辛さで眠れないほどでした。医師の中でも「心配するものではない」という意見と「巨大ヘルニアだ」と言う意見で分かれ、動く事の出来ない私の状況を見て「とにかく手術しましょう」ということになり手術し2.5グラムのヘルニアが取れたのですが、ヘルニアが腰骨にびっしり張り付いており取りきれなかったとのことでした。

それでもそれから20年以上、今でも左腰の違和感がありますが特に痛みも痺れもなく、何事もなく来ております。
当時の医師を悩ませた私のヘルニアは一体何だったのか、そして今後どうなるのか今でも良くわかりません・・・。
2011.10.24 20:58

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/51-580a0fe1