スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰椎変性疾患に対する長期に渡る保存治療の弊害

.24 2011 脊椎疾患 comment(3) trackback(0)
腰ヘルニアや狭窄症、すべり症などを総称して腰椎変性疾患と呼びます。この腰椎変性疾患による痛みを長期に持つことでどんな問題が起こるか。私は、長い保存治療の末に悪化し、手術治療を希望して来院する患者を治療してきて、つくづく思うことは、痛みを長期化させていはいけないということである。腰や下肢の痛みをかばった生活とは、立っている時や歩くと時には痛みのない側に体重をかけて痛みを軽くする。あるいは、腰を前に曲げて痛みやしびれを軽くする。また、座っている時には片方の腰を浮かしたり、ねじるようにして痛みを軽くする。このように、腰の骨や椎間板が原因で神経が圧迫され、痛みやしびれが出ると、患者は腰を真っ直ぐに伸ばして、姿勢よく立つこと、歩くことが出来なくなるのである。その結果、どうなるかは素人の方でも想像がつくと思います。そうです、腰椎の変形が進むのです。腰椎変性疾患による腰椎の変形は痛みを軽減するため、なんとか歩くために、身体が痛みに適応する過程で発生するのです。痛み・しびれの長期化は側彎変形・ねじれという深刻な問題を腰椎にもたらし、腰椎病変を複雑にし、難治性にします。例えば、ヘルニアに椎間孔狭窄が合併したり、脊柱管狭窄症にヘルニアや椎間孔狭窄が合併したり、すべり症にヘルニアや狭窄症が合併したりと、とにかく、色々な病変が何カ所にも渡って重なり合い、保存治療はお手上げ、手術治療もお手上げという悲惨な状態へと進んでいくことが少なくありません。70歳後半から80歳を過ぎた方で長く保存治療を続けてきた方の多くはこのように一筋縄ではいかない腰になっているのです。


にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ人気ブログランキングへ
↑ 腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んで
      いただきたいと思っております。
   1クリックお願いいたします。






関連記事
スポンサーサイト

秋桜
度々申し訳ありません。
この記事に思い当たることがあり投稿させていただきます。
ここでお聞きする事でなければお見過ごし下さい。

腰や下肢の痛みをかばった生活とは、立っている時や歩くと時には痛みのない側に体重をかけて痛みを軽くする。あるいは、腰を前に曲げて痛みやしびれを軽くする。また、座っている時には片方の腰を浮かしたり、ねじるようにして痛みを軽くする。このように、腰の骨や椎間板が原因で神経が圧迫され、痛みやしびれが出ると、患者は腰を真っ直ぐに伸ばして、姿勢よく立つこと、歩くことが出来なくなるのである。

私もぎっくり腰を起こした原因は、痛みや痺れはなかったものの左腰の「何か変」という感覚が無意識のうちに左腰をかばう形になり、右の腰に負担がかかっていた結果と言われました。
現在も痛みや痺れはないのですが左腰が何か変で(違和感のような、重だるいような・・)左足太ももの外側からから足首にかけてだるく、つい左足だけ立膝をしたくなってしまいます。

この状態が先生の言われる

「痛み・しびれの長期化は側彎変形・ねじれという深刻な問題を腰椎にもたらし、腰椎病変を複雑にし、難治性にします」
「とにかく、色々な病変が何カ所にも渡って重なり合い、保存治療はお手上げ、手術治療もお手上げという悲惨な状態へと進んでいくことが少なくありません。70歳後半から80歳を過ぎた方で長く保存治療を続けてきた方の多くはこのように一筋縄ではいかない腰になっているのです。」

自分が思う心配はこの辺にあります。
ヘルニアそのものは心配ないことは分かったのですが、自分の腰の「何か変」が将来どうかなるのではないかと言う不安があります。
自分の思いを遂げるまで(大げさですが)倒れるわけに行かない・・とそう思うので、動けない身体になるのは困るのです。
「何か変」がヘルニアから来ているものならやはり今のうちに診ていただいた方が良いのか、特に生活に支障がなければこのまま放っておいてよいのか迷っています。
2011.10.28 21:22
drshujisato
返事が遅れ済みませんでした。症状からは、腰椎4番と5番の椎間板が膨隆し、左の腰椎5番の神経が軽く圧迫されているのだと思います。その根拠は、太ももの外側から下腿の外側から足首にかけては腰椎の5番の神経の症状だからです。神経の圧迫があると、下肢を伸ばしていると神経の圧迫が強くなり、違和感やしびれ、痛みなどが発現します。膝を曲げると、神経の圧迫が緩むので楽になるのです。仰向けで寝て、両下肢を真っ直ぐのばしていると神経の圧迫のある側に症状が出たり、下肢を伸ばしたまま、足を上げていくと症状のある側の足は症状のない側の足の高さまで痛みが出るため持ち上げられないことが多いんですよ。しかし、それだけの症状なら、このままストレッチングなどしながら様子を見るので良いと思いますよ。
2011.10.29 17:15
秋桜
ご返事ありがとうございました。

20年前の手術後は羽が生えたように身軽になり、周囲からも「本当に元気になったわね」と言われるほどでした。
でもここ数年前から左下半身の重だるさが強くなり、ここ数週間位前から左足だけ立膝したくなるようになり症状が進んでいるような気がしています。

体操が何故効果があるのか良くわかりませんが、やってみようと思います。

ありがとうございました。
2011.10.29 18:33

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/56-7f4de601
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。