つらい痛みが笑顔に変わる腰ヘルニア手術

.18 2011 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
タイトルは当院の腰椎ヘルニア治療-MD法ののキャッチフレーズです。効果のない無駄な治療を長々と続けているのは時間とお金の無駄。何よりも、痛みと不自由な身体で失う物は大きい。長引くと、家族も周囲も冷ややかにもなる。腰へルニアは慢性化すると楽な時とつらい時が交互にやってくる。周囲の人が理解に苦しむ所以である。腰ヘルニアが良くなって行かないことには、それなりの医学的理由がある。それを知らずして、漫然とした効果のない治療を続けることは目的地に向かわない乗り物に乗っているのと同じである。乗客はいつ目的地に着くかとそわそわ気を揉むが、運転手は知らぬ顔。保存治療とは身体の治癒力を期待した治療である。治癒力の期待できない場合には外科的に原因を取り除く必要がある。当たり前のことが当たり前になっていないのが腰ヘルニア治療の実情である。
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/6-48d2c24c