腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は必ず治せる病気であることを証明してきた我が戦い

.29 2012 腰痛・下肢痛 comment(17) trackback(0)
雑誌の立ち読みをしていると、腰痛や腰ヘルニア、狭窄症などの記事がよく目につく。たまに手にとってみる。一般の方々にどんな情報が流されているかに興味があるからです。
ぱらぱらとページをめくっていると、病気の本質論はなく、ただこうしたら良くなる、ああしたら良くなるという表層的な記事が殆どで、思わず苦笑いしてしまう。また、雑誌社の良い収入源になる記事領域であろうと皮肉さえ口をつく。
 腰椎の病気の原因、病態、進行度、個々の患者の個体性や特殊性が把握されずに行われる治療は宝クジを引くように不確実なものだ。勿論、宝クジよりも当たる確立は高いわけではある。
どんな腰痛や下肢痛が良くなりにくいか、私はこの課題の解明に長い期間を費やしてきた。患者の症状の推移と神経学的評価、レントゲン撮影やMRI,CTなどの検査所見と手術所見、術後の症状経過などを比較・吟味することで、治りにくい腰痛や下肢痛の正体がわかってきた。
他の医療機関で長期に保存治療を受けても良くならず、悪化さえしている患者が術後良くなるのを見て、どんな患者の腰が良くなりにくいのか、どういう手術をすれば良くなるのかについて多くのヒントが与えられた。
一般的に発症後3ヵ月以上過ぎると保存治療による治癒率は低下していく。たとえ痛みがとれてもしびれが残ることが多くなる。腰ヘルニアも狭窄症もすべり症もどんな症状がなぜ起こり、自然に良くなる場合と良くならない場合とでその違いはどこにあるのか、この病気の本質を踏まえた治療が極めて重要なのである。私はこのことは繰り返しブログで述べてきた。
慢性化する腰痛や下肢痛は腰椎の変形を引き起こす。それは腰椎の後彎変形であったり、側弯変形であったりする。この腰椎の変形が次の腰椎の新たな問題を引き起こすことになる。すなわち、悪循環が起こり、腰椎の病気は進行・悪化するわけです。こうして、次第に病気が複雑になり、一筋縄では治せなくなっていくのです。
私は70~80歳代の腰椎手術を多数手掛けてきたが、これらの方々では通常は慢性化し複雑になった腰椎病変と加齢変化とによって、どこを治せば症状の改善につながるのか、その判断さえ困難、あるいは不可能になっているのです。殆どの脊椎外科医はこのような高齢者の腰椎の手術治療には消極的か、あるいは手術適応なしと判断しています。
しかし、私はそうは思いません。患者の症状の発症機転が解明できるなら、手術によって症状の改善を図ることが可能なのです。これら高齢者の腰椎と若い人の腰椎を比較すると、若い人の腰椎の病気は通常は単純なもので、手術治療でよくなるのが当然と言えるのです。だから、慢性化する腰椎病変は若い時期に手術により根治させるべきが私の持論です。
腰の病気の本質への理解が深まれば治って当たり前の時代が到来すると私は確信しています。





腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

     ↓           ↓

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ 人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

ゆう
私はヘルニア持ちです。
気になっていたのが、腰が右上にかなり歪んでいることです。
ヘルニアが治れば治る、と言われてきましたがこの記事の「側湾変性」であるとしたらどうすればいいのでしょうか。
2012.01.29 13:14
drshujisato
腰が右上ということは、ヘルニアなら通常は右側にあると思いますが、どうでしょうか。側弯変形も痛みが無くなれば消失するものと戻らないものがあります。ヘルニアは治っていないのでしょうか、発症後どれくらい経過しているのでしょうか。
2012.01.29 17:28
秋桜
以前質問させていただきとても助かりましたので再度質問させていただきます。

ご近所の方が長年腰の痛みに悩まされており、どうして良いかわからない状態でおられます。
先生のブログの話をしたところ聞いてみたいと言うことになり、質問させていただきます。

5~6年前から腰全体の不調があられたそうで、軽い交通事故をきっかけとして病院にかかられました。
病院では生活習慣から来る不調だろうと言うことで、温湿布と冷湿布、電気治療とマッサージを2~3年続けられましたが良くならず、治療を中断されました。

それから1年ほどしてから寝返りが打てなくなり、ベッドから足を下ろした状態で起きないと起き上がることが出来なくなりました。
同じ病院へ行くと同じ治療になり、半年ほど続けられたそうですが良くならず、今は走れない、飛び跳ねる事が出来ない、横座りが出来ない状況です。
今は自分で腰痛体操をしておられますが、左腰ウエスト中心から左臀部、太ももにかけて痛みがあるそうで、足にかけては痛みはないそうです。

かなりの猫背の方なのですが、横になると背骨に強い痛みが起き、両足は痛みはないのですが力が入らず上げる事が出来ません。
普段の症状は腰にありますが、横になると背中の痛みが強くなるそうです。

どこへ行ったらいいのか、どうして良いのか分からず質問させていただきます。
よろしくお願い致します。
2012.01.29 19:32
ゆう
ヘルニアは17才で一回、今回23才です。
17才の時はカイロで痛くなくなったのでほっときました。
発症は9月です。
ここ4日は歩く・座るもできず、仰向けに寝ると右腰側が痛くなり右つま先や右足がつっぱってきて左を下にしないと寝れません。
ロキソニンや座薬で様子見してますが、途方に暮れています(;_;)
2012.01.29 21:25
drshujisato
秋桜さんへ
 左腰から臀部、ふとももにくる痛みが診断の鍵になりますね。高齢者ですかね。MRIで解りにくい椎間板ヘルニアや椎間孔狭窄があるかもしれませんね。猫背であるとは骨粗鬆症も進んでいるかも知れません。姿勢・体位の影響を受ける症状であるなら、改善の余地はあるかもしれません。私に診せていただければもっとはっきりしたこと言えると思うのですが。無理でしょうか。
2012.01.29 23:56
drshujisato
ゆうさんへ
 17歳というと、腰椎の柔軟性が大きいので側弯変形も強くなります。右L4/5の椎間板ヘルニアが疑われますね。9月発症で、現在がそのような状態なら手術治療が必要な可能性が高いと思いますよ。
2012.01.30 00:01
ゆう
ヘルニア自体あまり大きくないので医師も手術という言葉は口にしません。
が、トイレさえ一苦労だし薬でも変化ないので私は手術したいと思っています。
右上側湾も、今回のヘルニアで更に強くなった気がします。
まだ手術で間に合いますか?
また手術すれば側湾は治るでしょうか(;_;)?
2012.01.30 08:30
秋桜
年齢は61歳の方です。
こちらは千葉県なので診ていただくには少し無理があると思います。
昨日ご相談のメールをした時はご本人も隣にいて、以前先生からご返事いただいたヘルニアのある側の見つけ方をやりながらご相談したのですが、そちらまで行かれるかご本人に聞いてみます。

猫背は以前からのようですが、横になっただけで腰を痛がられ、その時は右側の足を思わず立てておられました。
そのまま横になっていると背中がかなり痛いとのことで、右側を下にして横になると楽だと言っておられました。

とにかくどうしていいか分からないとのことで、先生の病院が近くならすぐにでも飛んでいかれると思うのですが・・。
2012.01.30 09:03
ゆう
安静にしていたらだいぶ痛みがひきましたが、座ったときなどの右腰の突き刺さるような痛みが強いです。
私は大分県在住ですが、先生はどこの病院に勤めてらっしゃる方ですか?
無知で申し訳ないです(>_<)。
2012.02.02 12:58
drshujisato
ゆささんへ
 腰椎椎間板ヘルニアなどは慢性期になると安静にしていると症状は軽くなりますが、負担をかけると痛みがぶり返すことが多いんですよ。運動しても痛みが強くならなければ、ヘルニアは良くなっていると考えられるんですけどね。私は石川県野々市市にある金沢脳神経外科病院にいるんですよ。
2012.02.02 23:44
ゆう
石川県ですか…!
是非先生に診ていただきたかったんですが遠いですね(;_;)
昨日座薬なしでお風呂入れそうだったので入ったら、やっぱり途中から右腰がありえないくらい痛くなり立てなくなりました。
やっぱり良くなっていないのかな…重症かな…手術を考えるべきでしょうか(;_;)
手術したら治るのかなぁ…
2012.02.03 08:21
drshujisato
発症が昨年9月で現在もそのような状態なら、手術が必要なヘルニアと思いますよ。ヘルニアは手術でなおりますが、ヘルニアが障害している神経の症状は手遅れになると回復が悪いですよ。神経が痛みやしびれを出しているのです。神経が機能回復できる段階で手術をすべきなんです。ヘルニアは治る、治せる病気です。対応が遅すぎるために治らない病気に成っていくんですよ。
2012.02.04 12:28
ゆう
とても参考になります。
実は今、急に回復しまして座薬なしで座ったりゆっくり歩ける程度になりました。腰や尻、足の痛みもほとんどありません。
もともと痺れはなく、筋肉痛のような痛みが主でした。
この場合はどう考えたらいいでしょうか。
お忙しいのに親身に聞いてくださりありがたいです(;_;)!
2012.02.04 21:04
drshujisato
ゆうさんへ
 返事がおくれて済みませんでした。痛みだけでヘルニアの病状を判定すると危険な場合があります。痛みが軽減しても、下肢の麻痺、すなわち、足に力が入りにくくなっているのなら、神経の障害が進んだことを意味しますので、症状の全体をみて判断することが重要です。
2012.02.11 01:13
まつかわ
ヘルニアという診断を受けた31歳の男です。

昨年の10月ごろから腰に違和感を感じ、今は臀部とふくらはぎに痛みとしびれがあります。

今はMPSという考えを信じていますが、もし手術をするならば神奈川県に住んでいるのですがどこの病院がいいですか?

教えてください。

よろしくお願いいたします。
2012.03.07 19:00
drshujisato
神奈川県で私がお勧めの脊椎外科医ということですが、
個人的には知った人はいないです。
済みませんね。
2012.03.08 12:29
まつかわ
都内にはいますか?
2012.03.17 21:53

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://spine.drshujisato.com/tb.php/99-587382b8