FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もチャレンジあるのみ、患者救済のため!

.08 2014 腰椎変性疾患の治療 comment(0) trackback(0)
1月6日(月)から、既に5件の手術がありました。4回目の腰ヘルニア患者さんは他院でもう限界といわれ私の手術を受けに来られました。通常なら腰椎固定が行われるところですが、私はMD法による4回目の手術を行いました。瘢痕組織と癒着の進んだ神経根の除圧には骨が折れましたが、無事成功しました。神経障害が進んでいたので、回復には時間を要すると思います。その他には、腰部脊柱管狭窄症のMD手術、頸椎症性椎間孔狭窄のMD手術、頚部脊柱管狭窄症に対する拡大椎弓形成術、そして飛び入れで脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血の患者さんで動脈瘤クリッピング術を行いました。
年明けから、手術予定がびっちりで、体調管理が何よりも大事と心しています。
脊椎の手術をしていて思うことは、多くの患者さんから手術の日を心待ちしていたと聞かされることです。この言葉は脳の手術を受ける患者さんからは先ず聞くことはありません。脳の手術は患者さんにとって、ただ恐ろしく、不安ばかりが普通です。「もし、万が一」、この不安が手術に常につきまとうからでしょう。その点、腰の手術は随分安心な手術になっていると感じます。この安心感に応えられる手術を今年1年間やり遂げる決意でおります。
腰椎変性疾患の手術治療は診断力と技術力で決まる。この信念のもと戦い抜く覚悟です。

腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。1日1クリックずつ応援お願いいたします。

1245_32.png 1245_32.png にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ

腰椎変性疾患による症状発生と進行の仕組みを知ることが適切な治療法の選択につながる

.02 2013 腰椎変性疾患の治療 comment(0) trackback(0)
 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、すべり症などはどのような病的過程を経て症状の発現から進行につながるのか。この疑問は今も常に私の頭の中にあります。

多数の手術経験を通じて沢山の疑問の点と点がつながり、私の頭の中では、これら腰椎変性疾患が軽症状態から、どのように重症化するのか、そのプロセスの全体像が浮かんでくるようになりました。無論、仮説的なもの、未解明な部分もありますが。

腰椎変性疾患は発症後直線的に悪化するわけではありません。良くなったり、悪くなったりの折れ線グラフ的な進行が特徴です。初期の頃は、悪くなっても比較的短期間で良くなりますが、時間経過とともに、悪くなってから良くなる方向へはなかなか転じなくなります。さらに悪い状態が長引くようになり、症状はあるが生活に大きな支障の無い時期から生活に大きな支障のある時期へと進行を示すのが特徴です。

腰椎変性疾患のこの折れ線グラフ的な進行こそが病気としての実像を解りにくくしています。ヘルニアでも狭窄症でもすべり症でも、それらの初期と後期では、同一の病気とは思えないくらい症状は大きな変貌を遂げます。

雑誌などの広告で、・・・・で治せる椎間板ヘルニア、・・・・で治せる脊柱管狭窄症などと私の目をぱちくりさせる記事が見受けられます。それらの記事には、腰椎疾患としての重症度の記載はありません。すなわち、脊柱管や椎間孔周辺における神経拘扼の程度や腰椎の不安定性の有無や程度などが書かれていることはありません。椎間板ヘルニアは・・・、脊柱管狭窄症は・・・と十把一絡げの扱いが普通です。

私の見解では、腰椎変性疾患でも軽症の段階では、「・・・で治せる椎間板ヘルニア」、「・・・で治せる脊柱管狭窄症」と言うことは充分にあり得るということです。

もし、私が手術治療でしか治すことは出来ないと診断した患者さんを「手術以外の・・・・で治せます」という方がおられるのなら、私に連絡ください。私の患者さんを紹介したいと思います。金沢から遠方では無理と思いますので、できるだけ近くでお願いします。
私がこのような申し出をするのは、もし、私が手術でなければ良くできないと判断した患者を手術以外の方法でよくできるのであれば、私のセオリーに変更を加えなければならないと考えるからです。

腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。1日1クリックずつ応援お願いいたします。

1245_32.png 1245_32.png にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ

腰椎変性疾患、高くそびえる保存治療の壁

.20 2013 腰椎変性疾患の治療 comment(2) trackback(0)
脊柱管狭窄症などの保存治療から手術治療への切り替えはいつ、誰が判断すべきか?
との私からの問題提起に次のコメントが寄せられました。只今、保存治療を受けている多くの
患者さんが共有する疑問であろうと思います。これに対して、私の見解を述べさせてもらいます。
(コメント内容)
いつも読ませて頂いてます。
医学知識のない私でも今日の記事(http://spine.drshujisato.com/)は怖くなります。
我慢することがどれだけ危険なことなのか。
保存療法をしつこく続ける理由はなぜなんでしょうか。
患者側としては、
  @いつか自然に治る
  @手術しても治らない
  @手術すればよくなるが加齢が原因でどうせまた悪くなる
上記の説明?説得を受けて諦めて診察室を出て窓口で痛み止めと湿布をもらって帰る。
この繰り返しを延々と続ける人が大多数です。
なぜ保存療法でいつまでも引っ張るのか?
先生のブログを読でると診察室でされる説明が本音とは思えません。

(私の見解)
狭窄症やヘルニアなどの腰椎変性疾患は、今日でも手術で治せないと信じている多くの医師や施術者が存在していることが一番の問題だと思います。いつか自然になおる。手術しても治らない。手術をすればよくなるが加齢が原因でどうせまた悪くなる。患者に向けて、これらの言葉が日常的に多くの医師の口から発せられているのが現状です。しかし、それらの言葉で保存治療継続の理由とするのは如何かと私は思います。確かに、それぞれの言葉に該当する事実は存在するでしょう。しかし、それを以て、手術治療を否定的にとらえることには問題があると思います。腰椎診断学と手術治療は着実に進歩しています。私は、次のように患者に説明すべきと提案します。
 腰椎変性疾患の多くは、自然治癒が期待できます。保存治療はそれをアシストする治療です。しかし、自然治癒に向かわない疾患も存在します。その場合には、手術治療を検討しましょう。保存治療は期限を区切り、発症後3ヵ月を目安に効果判定を行いましょう。
手術治療で良い結果を出すことは難しい場合がありますし、手術で悪化させてしまう危険もありますので、手術は実績のある脊椎外科医に頼みましょう。
自然治癒後も手術治癒後も再発する場合があります。その場合には、先ず、保存治療でアシストして、改善しなければ再手術を考えましょう。再手術はより難しい手術になりますので、さらに熟練した脊椎外科医に頼みましょう。
 しかし、どうでしょうか。保存治療を本業に病医院・治療院を経営する医師や施術者のどれだけがこれに同意するでしょうか。さらに、実績のある脊椎外科医、熟練した脊椎外科医をどう探したらよいのでしょうか。
この辺が患者視点の腰椎治療を展開する大きな壁になるのです。かって存在したベルリンの壁のように高く堅固な保存治療の壁が患者と手術治療の間にそびえ立っているかのようです。しかし、自由を求める市民の手でベルリンの壁は崩壊しました。脊椎治療の壁も市民である患者の手で突き崩すしかないでしょう。患者の利益を優先する脊椎治療の時代を実現するために。そのためには患者が正確な知識を持つことが必要です。世に氾濫する数多の治療法(?)に惑わされない眼識をもつことが必要と思います。

腰痛・坐骨神経痛で悩むより多くの方に読んでいただきたいと
思っております。応援クリックお願いいたします。

にほんブログ村 健康ブログ 腰痛・ギックリ腰へ

腰椎治療難民の悲しい訴え

.17 2013 腰椎変性疾患の治療 comment(1) trackback(0)
 腰椎側彎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間孔狭窄症などの合併が進み、時間と共に悪化し続ける典型的な腰椎変性疾患の患者さんからの質問が寄せられました。この患者さんの質問を読んでいて、旧態依然とした医療の被害者だと思いました。このような自然経過で悪化し続ける患者さんをそのまま放置したような対応しかできない脊椎治療は治療とは言えないでしょう。麻痺がないから、排尿障害がないから、手術の対象ではないと医師から説明されていますが、この患者さんのように日常生活が長期間にわたり破綻している方を救う手だてがないとは脊椎外科医の一人として残念でなりません。手術治療で良くなる可能性があるかを検討する必要があります。確かに、従来の手術治療では良くすることの困難な患者さんではあろうと思います。
次に患者さんの質問を紹介します。

 質問の64歳 女性
H15.5月より右臀部から太股、右下腿外側、甲、親指、足の裏にかけて激痛、痺れあり100mも歩けなくなりMRIにてL3/4・L4/5の椎間板ヘルニアの圧迫による間欠跛行と診断され、理学療法・薬物療法するも効果なし。    H17.5月にL3/4・L4/5のPELDを受けるが3か月経過しても改善されず、仙骨硬膜外ブロックするも効果なし。
H17.9月大学病院を受診、MRI・ミエログラフィー検査でL4/5のヘルニア、13度の側弯あり。H17.9~H19.4月まで一進一退を繰り返しながらの経過観察のみ。しかしどんなに激痛があろうと筋力レベルの低下もなく足も上がるので手術の対象にはならないと一般の整形外科を紹介される。
H19.5月~紹介された整形を受診するも良くならず、H20.1月~臀部から太股の激痛とひきつれ感、腰背部の疼痛、全身のこわばり感、右下腿の冷感、痛みで特に朝が起きれなく、また足の甲・臀部・下腿外側のこむらがえりを繰り返し痛みで夜が眠れなくなる。毎日疼痛箇所が移動し総合病院の整形の痛みの外来を受診。持参したレントゲンを見ただけでリボトリール・モービックを処方され服用。
H20.1~H24.4月まで我慢の範囲の痛みに軽減。
H24.5月、今度は左の腰に激痛あり、真っすぐに立てなくなり、この頃より体を左右に動かすとポキポキと骨の鳴る音がするようになり先生に聞くと別に心配いらないとの事でした
しかし右足と同じ症状になり、MRIで腰椎の3・4・5番の椎間板が殆どなしで脊柱管狭窄症といわれるが、手術は尿がじゃじゃ漏れになってきたりスリッパが脱げてきたら考えると、トラムセット配合錠、ロキソニン、オパルモンの処方のみであった。今年2月左の腰や背中に痛みが出て、ウエストは非対称になり背がとても低くなったように感じたのでレントゲンを撮って欲しいと言って撮ると、今度は2・3・4・5番に大きな側弯あり、腰部変性側弯だといわれ、手術は出来ないとの事です。長い期間通院しながらこのようになるまで薬物療法のみで、何が本当なのか分からなくなっています。
この先とても不安で一杯なのですが、良い治療法はないのでしょうか?

車の修理に劣る腰椎変性疾患の治療

.15 2013 腰椎変性疾患の治療 comment(9) trackback(0)
新車ならそうそう故障は起こらないし、パンクすることもないでしょう。しかし、3年、5年と走り続け、中古車になるにつれ、部品交換が必要になったり故障で修理が必要になったりする頻度が増えていくことには、誰も疑問を感じないはずです。廃車になるまで乗りこなそうと思うなら、その間、故障・修理を繰り返すことが必要なことは誰にとっても想定範囲の事でしょう。車がその寿命がくるまで走り続けられるのは、故障を診断し、修理する方法が確立されているからに外なりません。

それでは、人の身体、特に腰椎ならどうでしょうか。よちよち歩きで始まり、寝たきりになるまでの長きに渡り、腰椎は老化を続けながら重労働をし続けます。その結果として、椎間板や骨が傷み、種々の問題が起こり得ることは、これも充分に予想できることです。
しかし、人の腰椎の故障には車のように、診断法と修理法が確立されているでしょうか。残念ですが、故障の原因さえ特定できないことがしばしば起こるのが腰椎です。原因が特定できなければ適切な治療法などでてくるはずはないのです。車のように何度でも修理して走り続けられる状態を維持することは、腰椎では殆ど不可能と考えられています。

少子高齢化社会が進みゆく中で、ヘルニアや狭窄症などで若い人が労働につけず、同じく高齢者が自立できなくなったら、我が国はどうなるでしょうか。腰椎の問題は、単に個人のみの問題ではなく、社会の大問題でもあるのです。腰椎疾患は発生頻度が最も多い疾患グループの一つですから、診断法と手術法の確立は喫緊の課題です。

私は繰り返す腰椎疾患を何度でも手術で治して、自立した生活へ回復させ続けることがこれからの脊椎外科医の使命と考えています。脊椎外科医の戦場はその使命を果たす場なのです。




NPO法人日本医師事務作業補助研究会主催の第3回全国大会「テーマは医師事務作業補助者の役割の追求」のご案内
日時: 2013年6月29日(土) 10:00~17:00
場所: 石川県音楽堂 
NPO法人日本医師事務作業補助研究会HP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。