生活の質を損なう代表的疾患の腰部脊柱管狭窄症について、患者視点でまとめました。

.26 2020 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
腰部脊柱管狭窄症には、痛みが強いタイプ、痛みはないがしびれと間欠性跛行のタイプ、これらが混ざったタイプがあります。これらの基本型に加齢変化が色々と加わって、実際の脊柱管狭窄症は多彩な形をとります。一口に腰部脊柱管狭窄症といっても様々な形がありますので、診断と治療法の決定は患者個々に慎重に行うことが必要です。「正しい病気の知識が病気克服の第一歩」です。参考になれば幸いです。詳細は次のページへどうぞ。
関連記事

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:https://spine.drshujisato.com/tb.php/472-1b431a65