生活の質を損なう代表的疾患の腰部脊柱管狭窄症について、患者視点でまとめました。

.26 2020 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
腰部脊柱管狭窄症には、痛みが強いタイプ、痛みはないがしびれと間欠性跛行のタイプ、これらが混ざったタイプがあります。これらの基本型に加齢変化が色々と加わって、実際の脊柱管狭窄症は多彩な形をとります。一口に腰部脊柱管狭窄症といっても様々な形がありますので、診断と治療法の決定は患者個々に慎重に行うことが必要です。「正しい病気の知識が病気克服の第一歩」です。参考になれば幸いです。詳細は次のページへどうぞ。

05/24のツイートまとめ

.25 2020 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
drshujisato

医療相談室 https://t.co/RDJLaVRRBB
05-24 13:50

05/23のツイートまとめ

.24 2020 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
drshujisato

腰椎椎間板ヘルニアが自然治癒へ向かっているかどうか、患者自身で判断する方法 https://t.co/Enuyq7p1ld
05-23 00:17

腰椎椎間板ヘルニアが自然治癒に向かっているかどうか、患者が自分で判断する方法を紹介しました。

.23 2020 腰椎椎間板ヘルニア comment(0) trackback(0)
腰椎椎間板ヘルニアの患者の多くは、辛い痛みが徐々に和らいで行き自然治癒します。その一方で痛みが慢性的に長く続く患者もいます。ヘルニアになった患者が自分はどちらの方なのかが早く分かれば、治療法に長く無駄な悩みを持ち続けることは避けられるでしょう。今回は、患者が自分で判断できる方法について説明しました。詳しくは次のページをご覧ください。

05/20のツイートまとめ

.21 2020 脊椎疾患 comment(0) trackback(0)
drshujisato

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症など腰椎変性疾患の術後の痛みと神経症状の変化をグラフを用いて説明し、神経障害性疼痛を残さないための注意点を述べました。 https://t.co/G5JU1tjuh3
05-20 00:54